印鑑は古い歴史を持っている

  • RSS

印鑑には、判子や印鑑、単に印といったさまざまな呼び名が存在します。
そういった複数の呼び名が存在するにはそれなりの経緯があってのことです。

日本だけでも色々な呼び名が存在することからもわかる通り、印鑑の歴史はとても古く、遡るとその起源は5000年前の古代メソポタミアにたどり着きます。
当時の印鑑が、現在と同じ用途で使われていたかどうかについては定かではありません。
今のように文字が反転して彫ってあり、朱肉のようなものをつけて押すことで読めるような使われ方をされていたとは限らないのです。

しかし、やはり一種の認証の道具として用いられていたのは間違いないのではないかとは言われています。
約3000年前、古代エジプトでも印鑑は用いられていたと聞いたことがあります。
王家の印としての神像や、神々や王の名称、繁栄や祈りを表現した神聖文字(ヒエログリフ)が刻まれたスカラベ型の印鑑といったものがツタンカーメン王の遺跡の中にも多数残されていました。
中世ヨーロッパでは、印鑑は王族や貴族、時の権力者達おのおののシンボルとして、書簡を封印する場合や認証の印として広く使用されていたそうです。

近年では、世界各地で発見された印鑑の分布を調べことで、他の四大文明との交流や、何千年も前の広い地域での交易の歴史など、多岐にわたる歴史上の証明として利用されてきています。
印鑑は日本などアジア圏の文化だと思われることも多いのですが、その起源や分布をたどると世界の広い範囲で普及していたことがわかります。

このページの先頭へ